ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

肝斑と言うシミの治療方法

肝斑とは

「肝斑」(かんぱん)とは何か説明していきたいと思います。
肝斑と言うのはシミの一種です。
主に顔に現れるもので淡褐色で、主に女性に多くみられる症状です。
女性のなかでも30代から40代の女性に多く、皮膚の新陳代謝が落ちてきてシミができやすくなっています。
肝斑は外国人に比較して日本人の方ができやすい皮膚質だと言われています。
その理由のひとつとして皮膚が浅黒い人にできやすいものだと言われているからです。

 

肝斑が出る部位は主に顔で、額や頬骨、鼻筋や口の周りなどにできやすいです。
更年期障害が始まったころ、或いは妊娠中、出産後に出てそのまま消えないもの、ピルを服用してから出始めるといったケースもあるようです。
妊娠中や出産後のものは、数ヶ月して薄くなり消えていく場合もあるようですが、長期間出続けてしまう場合もあるようです。
肝斑と一般的なシミは違います。

 

肝斑の特徴を挙げると、シミの境界部分がはっきりしているとか左右対称にシミが現れているなど、濃淡の差がないといったものになります。
一般的なシミと肝斑であるかを素人が考えるのはむずかしいので専門医に見分けてもらい正しい治療を受ける必要があります。
誤った治療法をして症状が悪化してしまう危険もあります。
中には一般的な日光によってできたシミと肝斑が混在していることもあります。
自己判断しないで必ず専門医に診てもらうようにしましょうね。
今現在完治させる治療法はみつかっていないとのことです。
けれどながら薬やレーザー治療、ピーリング等多様な方法によって薄くすることは出来るそうです。

 
 

 
携帯アフィリ